ストロングカートリッジを効果的な使い方で、ケノンの脱毛器力を発揮しましょう。

ケノンという脱毛器にはさまざまなカートリッジがある

カートリッジを変えて全身脱毛



ケノンという脱毛器にはさまざまなカートリッジがあります。
プレミアムカートリッジとラージカートリッジは照射回数の寿命が違うだけで、本来同じ効果を出します。
主に一般的な体毛の部位、胸、尻、背中、お腹、腕、脚の脱毛に最適です。

これらの部位の毛は男女ともに、毛周期が比較的短く、毛も入り組んで密集していないため、連続照射が可能です
皮膚の敏感な人は、連続照射にして肌にダメージが少ないようにすることが肝心です。

無理に強い光でレベルも上げて照射し続けてしまうと、肌荒れや毛膿炎という症状になりやっかいなことになります。
こららの部位は比較的短時間ですませることができるカートリッジがエクストララージカートリッジです

エクストララージカートリッジは照射面積が一番広いので、胸、背中、お腹、尻の脱毛に適しています。
連続照射で、自動照射をすれば、肌を滑らせるだけで、脱毛の1ターンが簡単に短時間に終了させることができます。

脇の毛や髭、うぶ毛はストロングカートリッジを使用しましょう。デリケートゾーンもストロングカートリッジがおすすめです。
毛の濃い部分はストロングカートリッジで、照射レベルも高く使用したいものです。毛周期に関係なく、毛の密度の濃いところには
強いパワーが必要になるのです。髭や脇で4ヶ月、デリケートゾーンで1年使い続ければつるつるの肌が実現します。

手や足の指の毛にもストロングカートリッジでレベルを落として使いましょう。ストロングカートリッジは照射面積が調度良い広さなので、
細かい部分に適しています。そして脱毛力もパワーが違います。

脱毛結果を得るには一番気にしなければならないことは、肌への影響です。
インテンスパルスライトは肌にやさしい光ですが、使用後は肌が乾燥するのです

ですから、使用後の肌の保湿はしっかりしたいものです。
肌荒れを放置しながらの脱毛は結果的に肌の回復をまたなければ、また照射することができません。ですから、脱毛後の肌ケアは必要不可欠なのです。

また照射前後のクーリングは大切です。痛くないときでも、クーリングはしたほうが良いのです。
それは、肌を守るためで、光脱毛によって肌が炎症を起こしかるく熱を持つことがあるのです。
これは防ぎたいところで、照射前にクーリングして照射部位を冷やしておくことで、ダメージを最小限にできます。
また照射後にまたクーリングすることで、炎症するのを防ぐことができます。

怖いことをいいましたが、ケノンの光はインテンスパルスライトといって、美顔期でも使われるものなので、
肌へのダメージが少なくかつ、光エステのように、肌の肌理を整えてくれる効果もあります。

上手に使えば、脱毛と同時に光エステも体験できてしまうところがケノンの味噌です。


ケノン脱毛器ストロングカートリッジの効果的な使い方

 

サイトマップ