ストロングカートリッジを効果的な使い方で、ケノンの脱毛器力を発揮しましょう。

ケノンはどういう脱毛をしてくれるのか?

永久脱毛



ケノンが永久脱毛ができるか考える前に永久脱毛の定義を調べてみました。
厚生労働省は医療レーザー脱毛にだけ、永久脱毛の効果が認められています。

永久脱毛には定義があります。日本のものではなく、アメリカの定義を使っているのが現状です。


その定義は、アメリカ最大の電気脱毛士団体であるアメリカ電気脱毛協会(AEA)で決められているもので
脱毛完了後から1ヶ月経過した時点で毛の再生率が20%以下」であることとされています。

また、アメリカの政府機関である食品医薬品局(FDA)で決められた
レーザー脱毛を3回照射した後6ヶ月経過した時点で67%以上の毛が減っている状態」とされています。

ですから、レーザー脱毛でない脱毛を永久脱毛とは一般的には言わなくなりました。

脱毛には、レーザー脱毛とニードル脱毛とが医療行為として認められています。
そしてサロンなどで行う脱毛は、インテンスパルスライト方式(IPL)と
スムーススキンコントロール方式(SSC)とに分かれます。

この4つの脱毛法を効果の順に並べると

・ニードル脱毛法
・レーザー脱毛法
・インテンスパルスライト脱毛法
・スムーススキンコントロール脱毛法


の順になります。これは痛さの順でもあります。

ケノンは3番目のインテンスパルスライト脱毛法になります


ニードル脱毛法とは、針を毛穴に1本1本刺して、電気を流し熱で毛根の組織を破壊していくもので、
特殊な技術が必要なので、クリニックや大手クリニックで専門家が施術を行います。

とても痛いものだということで、笑気ガスや麻酔クリームを利用します。
1本1本毛根に施術するので、白髪でも脱毛することができ、効果は一番高いものです。

その分、費用もかかるもので、施術を行っている施設を探すのも限られているため、
予約がとりにくいことが予想されます。

レーザー脱毛法は、一般的に永久脱毛として宣伝されているもので、
レーザー光の波長が黒や濃い目の茶色に反応するように設定されているもので、
照射した部分の黒い組織を破壊します。

ですから、これも痛いことで有名で、笑気ガスや麻酔クリームを利用します。
黒い毛しか脱毛できないので、白髪の人や、黒人の方などには施術できません。

照射回数は、以下のインテンスパルスライトより少なくて済み、一回の照射で毛根は破壊されます。
毛周期の1サイクルで、成長期の毛しか脱毛できないので、毛周期の1サイクル通う必要があります。

そしてケノンの採用しているインテンスパルスライト(IPL)脱毛法ですが、
キセノンランプを使い、フィルターをかけて、波長をコントロールして、
黒い部分にアプローチするようにしているタイプです。

キセノンランプの光量はレーザーに比べ劣るので、毛根に繰り返し照射することが必要です。
もともとは皮膚深層のコラーゲンを増やすために開発されたものなので、美容効果も期待できます。

まず永久脱毛だから、二度と生えてこないということでも無いのです。
たしかに、クリニックでのレーザー脱毛は効果の持続期間が違います。ほとんど一生生えてこない状況を作り出すこともできます。

ニードル脱毛は、永久脱毛とはいわれませんが、これも二度と生えてこない状況を作り出すことができます。

ではケノンはどうでしょうか、残念ながら、ケノンや一般の脱毛サロンで使われるインテンスパルスライトの脱毛は、
数年すると毛がかなり再生してきてしまいます


しかし安心してください。ケノンの光は肌の光エステ効果のあるインテンスパルスライトをしようしています。
ケノンを長年使い続ければ、美肌にしながら、アンチエイジングもでき、脱毛状態をキープできるのです

ケノン本体は寿命が長いですが、カートリッジには寿命があります。
カートリッジを個別購入すれば、長年にわたって使い続けることができるのです。

ケノン本体を中古品として購入している場合、カートリッジの個別購入は、公式ページでは受け付けてくれませんので、
ケノンは正規品を必ず買いましょう。

ケノンの出力は、一般の脱毛サロンと変わらないといいます。前機種イーモリジュのときより、4倍の出力をもつようになりました。
家庭用脱毛器という選択をするならば、ケノンを選ぶのが一番得なのではないでしょうか、

永久につるつるを保てる脱毛法が、ケノンという家庭用脱毛器

その効果は白髪になるまで続きます。
光脱毛器はインテンスパルスライト方式で毛のメラニン色素に反応させて毛根にダメージを与えるものなので、
白髪には効き目がなくなります。ですから、白髪の体毛が生えてくる、おばあさん、おじいいさんさんになるまで、繰り返し使用していくことで効果を発揮していくものなのです。

もっともインテンスパルスライトの効果で、肌はいつまでも若々しく保つことができます。
クリニックやサロンへ行く高額な費用と、多大な時間を必要としないケノンの脱毛は最強だともいえます。

それに、インテンスパルスライトの当初の目的は上記で記したように、肌の深層のコラーゲンを増加させるためでした。その副作用で脱毛処理ができるようになったのですから、

肌を若々しく保ちながら、全身脱毛が出来てしまうものなのです。
しかもそれが、自宅で何度でも自己処理できることがケノンの最大の利点でしょう。

ケノンのパワーは他の家庭用脱毛器と比較しても程度が優れており、コンデンサを4つも搭載しています。

サロンで使用しているインテンスパルスライト方式の脱毛器と遜色ないのではないでしょうか、
とはいえ体毛には毛周期もありますし、顔の髭やvioなどの密度が濃く太い毛には
繰り返し処理し続けることで、十分な効果を発揮します。

ケノンのレベルを高くして照射すると、少し痛みを感じますが、レーザーほどの痛みは感じません。
フラッシュ式脱毛器を使用したときの痛みは、脂肪の多い人ほど痛くなく、脂肪が少ない人ほど痛いということです。個人差はあると思いますが、自分の適度のレベルで長く使い続けることができます。

ケノン本体に寿命はほとんどないといってよいですが、カートリッジには寿命があります。
カートリッジの残りの照射回数は画面に表示されます。終わりのころになると、
ランプの光も弱くなります。個別購入でケノンカートリッジを購入することができるので
いつまでも使い続けることができるのです。

ケノンには複数の種類のカートリッジがあります。簡単にご紹介すると
プレミアムカートリッジは100万回の照射が可能です。
ラージカートリッジは個人用にしてシェアするときに便利です。

エクストララージカートリッジは面積の広い部位に適しています。
ストロングカートリッジは男性の髭など密度が濃く太い毛に適しています。

そして美顔器であるスキンケアカートリッジは、インテンスパルスライトの本来の目的である
美肌効果があり、肌深層のコラーゲンを増殖させ、シミ・しわ・たるみに強力な効果を発揮します。

それぞれ使い分けて、永久に若々しい体を完成させてください。


ケノンに興味が沸いたらトップページのケノンの紹介をご覧ください。
ご購入の前にケノンの知識を深めておきましょう。

ケノン脱毛器使い方やカートリッジについて!永久脱毛はできる?

 

サイトマップ