ストロングカートリッジを効果的な使い方で、ケノンの脱毛器力を発揮しましょう。

髭の毛周期は4ヶ月と比較的短い

ケノンひげ



男性の脱毛の場合、一番多く需要があると思われるのは顔の髭です。
髭は毎日剃るものと、男性は思っていますが、脱毛器を使えば、剃らなくても生えてこない状態を作り上げることができます。

髭の毛周期は4ヶ月と比較的短く、短期間である程度の効果を体感することができます
ケノンでは、ストロングカートリッジを使用しましょう。
ストロングカートリッジは、髭のように、密度が濃く太い毛に有効に出来ています。

どのくらいでつるつるで生えてこない状態にできるかというと、あくまでも個人差はありますが、
1年はかからないと思います。毛周期は4ヶ月なのに、1年かかるかもしれないとはどういうことかと思われるかもしれません。

たしかに、4ヶ月くらいで、髭の全部の毛に光脱毛のダメージを毛根に与えることはできるかもしれません。
しかし、髭は他の部位と違って、毛根が複雑に入り組み、皮膚の下はカオスのようになっているのです

4ヶ月目に必ず毛は少なくなっていますから、その上で、また照射もれのあった毛に施術していくわけです
繰り返し、施術していくごとに、毛は成長を阻害され、退行期に早く抜け落ち、毛根からもう毛は生えてこなくなります。

問題なのはデザイン髭の人の施術です。全体的に薄くしたい人は、まず全体を2ヶ月くらいつづけるとよいでしょう。
しかし、その間、髭の全部を剃ることを忘れないでください。

脱毛したい髭の部位は必ずかみそりで剃り、クーリングをしてから照射してください。そうしないと、肌荒れの元となってしまいます

また照射後はまたクーリングして炎症を防ぎ、その後必ず保湿してください。
保湿を忘れると、肌は乾燥し、しわやたるみの原因となります
ので、忘れず保湿してください。

デザイン髭の場合、残す部分の毛に絶対にケノンの光を照射しないでください。
焦げたにおいがし、パチッと大き目の音がします。若干の煙も出ます。

以上のことから、男性の髭の脱毛には、最低期間で4ヶ月長くても1年ケノンを使い続けることで、つるつるで髭剃りのいらない状態にすることができることが
おわかり頂けると思います。

せっかくケノンを顔に使うのですから、美顔器も使ってみましょう。
美顔器はインテンスパルスライトの特徴である、3つの波長の違う光を同時に肌に照射して、

肌の表皮、真皮、角質層へ効果的にアプローチし、しみ、しわ、たるみ、くすみを改善してくれます
そしてその予防もでき、肌の肌理も整ってきます。

髭がなくなった後の顔はしみ・しわ・たるみ・くすみなどの無い状態で、健康な顔でなければ、もったいないです。
美顔器の詳細は別途記載しますが、髭の脱毛と同時に、行うと効果的だと提唱したいと思います。


ケノン脱毛器ストロングカートリッジの効果的な使い方

 

サイトマップ