ストロングカートリッジを効果的な使い方で、ケノンの脱毛器力を発揮しましょう。

そもそも毛周期とはなんでしょうか?

ケノンを使って脱毛をするとき、一番気になるのは、どのくらいの期間でつるつるになる効果があるかです。
ケノンは光脱毛器で、インテンスパルスライトを使用しています。
インテンスパルスライトは毛のメラニン色素に反応させて毛根にダメージを与えるもので、

その効果が出る毛には毛の成長サイクルである毛周期の成長期の毛にしか影響を与えません。
成長期の毛とは表面に出ている毛で毛全体の20〜30%といわれていますから、
すべての毛の脱毛効果を得るには、このサイクルが一巡しないとできない訳です。

毛周期



そもそも毛周期とはなんでしょうか?
毛周期は、毛の成長過程のサイクルのことで、
成長期前期、成長期後期、退行期前期、退行期後期、休止期の順で繰り返されます。

まず、血管から毛根につながるところに毛母細胞ができます。ここに毛乳頭というものがあり、そこへ血管から栄養が届けられ毛の成長が始まります。
このとき同時にメラニン色素も分泌され、毛は黒くなります。この時期を成長期前期といいます。

次にその毛に毛細血管からさらに栄養が送られ、毛母細胞は毛を太く長く成長させていきます。この時期が成長期後期です。

そしてその成長が止まる時期がやってきます。毛は長く表皮から表れていますが、成長はしていない状態です。これを退行期前期といいます。

その毛はしばらくすると、抜け落ちていきます。このとき毛母細胞の活動は停止しています。この時期を退行期後期といいます。

そして毛母細胞が一時的に無い状態になり、休止期が始まります。

それはやがて毛細血管から毛穴にアプローチがあって、成長期前期が始まり、1サイクルの終わりです。

光脱毛器は、このサイクルの成長期後期と退行期前期の毛にダメージを与えます。
メラニン色素に反応させるので、黒くない、白髪は脱毛することができません。

この毛周期は体の部位によってその1サイクルの期間が違います。

まず髭やうぶ毛は4ヶ月、一般的な体毛は2ヶ月から3ヶ月、デリケートゾーンは1年と、部位によってこんなに期間が違います。
この期間はケノンでの脱毛の結果を見る目安になります

ですから、髭やうぶ毛の脱毛効果を得たいなら、4ヶ月使い続ければ、目に見える効果を実感できることになります。
ただ、男性の髭の場合は、密度が濃く、毛根がいりくんでいるために、もう少し期間がかかるといわれています。

一般の胸、尻、お腹、背中、腕、脚、などの脱毛は3ヶ月でつるつるにすることができるでしょう。

VIOゾーンは毛周期が長いため、1年以上の期間脱毛器を使い続けなければ効果を見ることができません。
しかし、1年後には希望の部位がつるつるになることを確認できる訳です。


ケノン脱毛器ストロングカートリッジの効果的な使い方

 

サイトマップ